So-net無料ブログ作成
検索選択

写真集『ENJO』でダレノガレ明美が泣いた!「おいしいカラダになるため頑張りました」

ついに発売された初写真集『ENJO』で極小ビキニや手ブラ、セクシーなランジェリー姿などを披露したダレノガレ明美

明るいキャラで人気の彼女だが、撮影中はスタッフと衝突し涙する場面もあったとか。一体、何が!?

発売中の『週刊プレイボーイ』6号では表紙&巻頭グラビアに登場。バラエティー番組では、明るく気の強いキャラに映るが、実は生まじめな性格とのギャップインタビューで迫る!

■これが本当のエロです

ロサンゼルスラスベガスで撮影された初写真集は、ダレちゃんも事前に何度も打ち合わせに臨むなど、かなり気合いの入った一冊のようですね。

2016年1月27日|Infoseekニュース
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

小田和正 初のオールタイムベスト「あの日あの時」 オフコース曲も収録 [芸能]

 小田和正(68)が、オフコース時代を含む自身の全作品から選ぶ初のオールタイムベストアルバムを4月20日に発売し、全国24会場48公演(約34万人動員予定)に及ぶ大規模ツアーを同30日にスタートさせる。古希を前にしての活発な動きでファンの心をわしづかみにする一年になりそうだ。

 アルバムのタイトルは「あの日あの時」で、3枚組計48曲収録予定。関係者は「小田が自身のキャリアを見返し、節目となった曲を選ぶ。あらためて一曲一曲と向き合い、曲によってはアレンジを変えたり新たに録音するものもあるだろう」と説明。ベスト盤とはいえ新作に近い部分もある。

 収録が予定されるのはオフコース時代のさよなら」「言葉にできないや、ソロになってからの大ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」「キラキラ」など。スバルの企業CMのために書き下ろした新曲(タイトル未定)や映画「64-ロクヨン-前編/後編」(前編は5月7日、後編は6月11日公開)の主題歌「風は止んだ」も収められ、オフコースがデビューした1973年から現在までの活動を網羅する形となる。

2016年1月25日 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ゲス乙女・川谷絵音 昨夏の極秘結婚認めた [芸能]

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音=えのん=(27と不倫していると、きょう7日発売の「週刊文春」に報じられたタレントベッキー(31)が6日、都内で釈明会見を行った。一方の川谷は6日夜、FAXでコメントを発表した。昨夏、一般女性と結婚していたことを認め、ベッキーとの関係については「親しい友人としてお付き合いさせていただいております」と説明。不倫関係であるか否かは明らかにしなかった。

 書面では、結婚の事実を隠していたことに対して「ファンの皆様に対して、申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪。さらに「既婚の身でありながら、私の軽率な行動によって、このような世間を騒がせる事態となりましたこと、深く反省しております」とつづった。

 しかし、ベッキー長崎の実家を訪れたことや、週刊文春が掲載したLINEでのラブラブなやり取りやツーショットなどについては一切触れなかった。

2016年1月7日 --デイリースポーツ online
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ゴールデンボンバー・樽美酒、ピース又吉ぶん投げた!最後は頭から“火花”/紅白 [芸能]

 第66回NHK紅白歌合戦(31日、NHKホール)4年連続で「女々しくて」を歌う4人組エアバンド、ゴールデンボンバーは、ゲスト審査員として出演したお笑いコンビ、ピースの又吉直樹(35)との相撲対決で爆笑を誘った。

 過去に替え玉が器械体操の鉄棒で大車輪を披露したり、ドラムの樽美酒研二(35)が断髪式で丸刈りになるなど話題に事欠かない4人だが、今年は時代劇の着物姿で登場。

 芸者に扮した樽美酒が途中で他のメンバーに着物を脱がされると、「あ~れ~」と赤いまわし姿に。すると、土俵が運び込まれ、審査員席の又吉が無理やりステージにあげられ、こちらも服をはぎ取られてまわし姿に。2人はがっぷり四つに組み“真剣勝負”。パフォーマンスはとどまることを知らず、樽美酒が豪快に又吉を投げ飛ばした。

 樽美酒は力士たちに勝利の胴上げをされるも、最後は除夜の鐘をつく撞木(丸太)に変身。「ゴ~ン!」といい音が鳴ると、“頭から火花が散る”にかけて、又吉が芥川賞受賞作のタイトル火花」と書かれた紙を掲げてちゃっかりPR。ボーカルの鬼龍院翔(31)は「『女々しくて』以外も歌わせてくださ~い!」と本音を叫んで笑わせた。

2016.1.1 - SANSPO.COM(サンスポ
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能