So-net無料ブログ作成

川中美幸、弘前で花見歌「津軽さくら物語」熱唱 [芸能]

 歌手、川中美幸(61)が29日、青森・弘前市で開催中の「弘前さくらまつり」(5月7日まで)の特設ステージで、ヒット中の新曲津軽さくら物語 [ 川中美幸 ]を歌い、花見客を楽しませた。

 直前には、弘前市民会館で満員の1100人を前にコンサートも敢行。「初めて桜の季節に来ました。町中、桜なんですね」と、その美しさに驚きつつ、「歌謡界のソメイヨシノ、川中美幸でございます。いずれ、ウバザクラになりますが…」と笑いを取り、「ふたり酒」「二輪草」など24曲を情感たっぷりに歌い上げた。

 「津軽さくら物語」は、もともと青森県出身の全盲歌手、板橋かずゆき(47)の持ち歌で、歌詞の舞台が弘前。桜の散り始める時期に亡き人への切ない思いをつづった楽曲で、この日は市民会館で板橋とのデュエットも初披露した。

 川中は「出会いと別れが交錯するこの時期に弘前で歌えたことで、この歌への思いが深くなりました」と感激をかみしめた。

2017.4.30 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
http://geinouhotnews123.blog105.fc2.com/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0